転職を繰り返したサラリーマンの多趣味ブログ

30才未経験でSEに転職した人の多趣味ブログ

【スポンサーリンク】

【海外ドラマ】大傑作ドラマTrue Detectiveは、記憶を消してもう一度見たいドラマだ

お題「もう一度見たいドラマ」

はじめて、お題スロットなるものを使ってみました。
そのお題である「もう一度見たいドラマ」は、True Detectiveシーズン1です。
正確に言うと、記憶を消してもう一度見たいドラマです。

TRUE DETECTIVE/トゥルー・ディテクティブ <ファースト> DVDセット(4枚組)

あらすじ

2012年、ルイジアナ州警察殺人課の二人の刑事ラスト・コール(マシュー・マコノヒー)とマーティン・ハート(ウディ・ハレルソン)が、1995年のドーラという女性の殺人事件に関し呼び出される。二人はマーティンの妻マギーを巡る口論のため、17年間互いに音信不通であった。ハリケーン・リタで書類が失われたため、二人は過去の捜査や警察官としての人生の記憶を呼び起こすよう求められる。犯人が他にも殺人を犯して来た証拠が浮かび上がる。

引用元:TRUE DETECTIVE - Wikipedia

では、以下が感想です。

シーズン1できれいに完結

True Detectiveは海外ドラマですが、他の海外ドラマとは異なりシーズン1で完全に完結します。シーズン2もありますが、全く別の設定、別のキャストというように、シーズン1とは何も関係のない全く別のお話です。
そのため、話数が多すぎて、見る前に心折られる問題は起こりません。8話できれいに完結します。

豪華すぎる俳優陣

そして、ジャケットを見てお気づきかと思いますが、本作はマシュー・マコノヒーウディ・ハレルソンのW主演です。どちらも映画を中心に活躍されている俳優で、特にマシュー・マコノヒーは2013年にダラス・バイヤーズクラブアカデミー賞主演男優賞に輝き、本作はその翌年に出演しています。
ドラマから映画のステップアップは珍しくありませんが、映画俳優がドラマに出演するのは非常に異例なこと。それは、本作の完成度の高さを証明することでもあります。

【スポンサーリンク】
 

マシュー・マコノヒーの怪演

本作は、1995年と2012年を行き来する形で話が進みます。上記画像のマシューは1995年verで、2012年verが以下です。

f:id:uuc1h:20180610215031j:plain

出典元:IMDb - Movies, TV and Celebrities - IMDb

全くの別人ですよね。見た目だけではなく、マシュー演じるラスト・コール刑事がミステリアス過ぎて、彼の言動から一切目を離せません。

果てしない闇を描きつつ、すべてを見終わったあとに感じる後味の良さ

本作はドーラ・ラングという女性が殺害された事件を中心に描かれますが、そこに黒魔術という要素が加わり、人間の闇の部分が強く推しだされています。
こういう類のものは、見終わったあとに後味が悪くなるものもありますが、本作は心が透き通るような後味の良さがあります。この後味の良さは、最後の最後のシーンがあるからなのですが、それを言ってしまうとネタバレになるので、ぜひご自分の目で確かめてください。

まとめ

本作は、「ドラマ」という利点を生かし、2時間と言う時間的制約がある映画では描き切れない登場人物たちの心の変化を繊細に表現した、ドラマ史に残る大傑作です。もし、まだ本作を見たことがないならそれはとてもラッキーです。だって、こんな大傑作をまっさらな状態で見れるんですから!
という思いから、僕が「もう一度(記憶を消して)見たいドラマ」はTrue Detectiveシーズン1です。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【雑記】レコーディングエンジニアを挫折したアラサーが選ぶおすすめロックアルバム

みなさん、こんにちわ。初めまして。

学生時代はバンドを組み、そのままレコーディングエンジニアを目指すも挫折してしまったuuch1です。
先日、6月9日のロックの日だったこともあって、自分が大好きなロックアルバムをまとめてみました。
ちなみにランキングではありません。ここで紹介しているアルバムは、すべて同じくらい好きなものばかりです。

 Astro Creep:2000:WHITE ZOMBIE

Astro Creep: 2000

Astro Creep: 2000

 

今では映画監督として有名なロブ・ゾンビが、WHITE ZOMBIEとしてバンド活動を行っていたときのアルバムです。メンバーの風貌からは想像しづらいですが、打ち込みありのデジタル要素が入っています。しかし、あくまでバンドサウンドが主体であり、ホラーサウンド要素もあって、何よりロブ・ゾンビの声質にばっちりハマっていいます。
発売が1995年にもかかわらず、今聞いても全くサウンドに古さを感じません。ロブ・ゾンビのセンスが凝縮された作品です。

10,000 Days:Tool

10,000デイズ

10,000デイズ

 

本作を紹介していますが、Toolのアルバムはどれも(※2nd以降に限る)最高です。 あえて本作を紹介したのは、初めて聞いたToolのアルバムが本作だからというだけです。
ヘヴィサウンドでありながら東洋的な響きを含み、楽曲も10分を超えるものが多くあるという、まさに「Tool」という世界観を築いています。
Toolのようなメタル、ヘヴィネスといったジャンルのボーカリストデスボイスが主体ですが、Toolのボーカリストのメイナードはクリーンボイスをメインで使います。また、ベースがメロディを弾いたり、ギターリフも異質、ドラムもアジアンチックなリズムが入ってきたりと、聴くたびに新たな発見があります。
すべてにおいて最高なのですが、残念なのがなかなか新譜を出さないところ。

The Fragile:Nine Inch Nails

The Fragile

The Fragile

 

インダストリアル・ロックというジャンルを、メジャーに押し上げたバンド。
打ち込みを多用しデジタル要素が非常に強いサウンドですが、トレント・レズナーという人間性が色濃く反映されています。
本作に収録されている「The Fragile」という曲があるのですが、この曲は2009年にNine Inch NailsSummer Sonicに出演したときにライブで演奏し、僕はその場に居たのですが、とてつもない瞬間に立ち会えました。「音楽で、こんなに人って感動できるんだ」と、心から感じました。是非、聴いてみてください。

【スポンサーリンク】
 

Brotherhood:B'z

Brotherhood

Brotherhood

 

説明不要のモンスターバンド、B'zの10枚目のアルバムです。
B'zもアルバム毎に違ったサウンドを表現していますが、本作では極太のロックを体験できます。一部の楽曲ではストリングスなどが入っていますが、ほとんどの楽曲はボーカル、ギター、ベース、ドラムだけの構成で、まさに極太ロック。中学生のとき、洋楽一辺倒になっていた僕に、日本のロックのすばらしさを教えてくれた本作。
まずは、1曲目に収録されている「F.E.A.R」を聴いてみてください。ぶっ飛ばされます。

From the Muddy Banks of the Wishkah:NIRVANA

From the Muddy Banks of the Wishkah

From the Muddy Banks of the Wishkah

 

 心の底からNIRVANA大好きです。カート・コバーンの死によってオリジナル・アルバムが3枚しかなく、またその3枚とも最高なので、ここではライブ・アルバムの本作を紹介します。
まさにNIRVANAのいいとこ尽くしといった内容で、それぞれ別のライブで演奏された曲を1つのアルバムにまとめられているのですが、最初から通しで聞くと1本のライブのように自然に聞こえます。選曲がいいのはもちろんのこと、NIRVANAの荒々しさがダイレクトに表現されていると思うので、大好きな1枚です。

【スポンサーリンク】
 

SlipknotSlipknot

Slipknot

Slipknot

 

彼らがデビューしたときは、本当に衝撃でした。まさに「暴虐」といった言葉がピッタリなサウンドで、ファーストアルバムなのに、(sic)、Eyeless、Wait and Bleed、Surfacing、Spit it OutといったSlipknotを代表する楽曲たちが収録されています。
KORNのプロデューサーとしても有名なロス・ロビンソンがプロデューサーを務めているのもあって、ギター・ソロはすべて排除され、ボーカルもとにかくシャウト、デスボイス推しです。ギターのミック・トンプソンはギターヒーローといっても過言ではないほどのテクニックを持ち、コリィは別バンドのストーン・サワーで聴けるように圧倒的な歌唱力を持ちながら、あえてそれらを封印して、激しさだけを表現したからこそ本作が生まれたのかもしれません。
また、現在は脱退していますが、ジョーイ・ジョディソンの圧倒的なドラミングも本作で十二分に堪能できます。
(当時中学生だった僕は、この複雑なドラミングは2人のパーカッションと絡めて表現していると思いきや、ライブを見に行ったらジョーイが1人で叩いているのを見て度肝を抜かれました。)

OSC-DIS:THE MAD CAPSULE MARKETS

OSC-DIS

OSC-DIS

 

残念ながら僕はmadを、活動休止後に知りました。日本にこんな凄いバンドがいて、世界中を回っていたというのは、同じ日本人として熱くなるものがあります。
サウンド的にもドストライクに大好きで、打ち込みとバンドサウンドが高い次元で融合されています。また、メイン・コンポーザーの上田剛士さんの金属的なベース・サウンドは、一度聴いたら忘れられません。また、ライブで上田剛士さんがRoland MC-307を使っているのを知り、僕はRoland MC-303を買いました。(MC-307は高くて買えなかったので。。)

#2:AA=

#2

#2

 

THE MAD CAPSULE MARKETS活動停止後、上田剛士さんが開始されたソロ・プロジェクトがAA=(All Animals Are Equal)。
サウンドとしてはmadと同じく打ち込みとバンドサウンドの融合。中でも本作は、非常に暴力的なサウンドに仕上がっています。特に5曲目に収録されている「GREED...」のシンセサウンドは、耳に残って離れません。かと思えば、8曲目の4 leaf cloverのように、激しくもエモーショナルな楽曲ありとTAKESHIサウンドが凝縮されています。
また、アルバムには明確なコンセプトが打ち出されており、歌詞とタイトルを追っていくと物語が読み取れるようになっています。是非、歌詞カードを手に取ってアルバムを聴いてみてください。

Hate Crew Deathroll:Children Of Bodom

Hate Crew Deathroll (EU Version)

Hate Crew Deathroll (EU Version)

 

新世代ギターヒーローアレキシ・ライホ率いるChildren Of Bodomの4枚目のアルバムです。
Children Of Bodomフィンランドのバンドで、ジャンルとしてはアレキシのギターとヤンネのキーボードを前面に押し出すクラシック要素が強いデスメタルバンドです。本作ではそこから更に重さを加えて、少しアメリカ的なサウンド要素が追加された印象です。
こういうギターヒーローがいるバンドだと、「ギターだけ目立って終わり」というのもありますが、Children Of Bodomはとにかく曲がかっこいい!デスボイスが好きか嫌いかで本作の評価が分かれますが、デスボイスが好きなら間違いなしの名盤ですよ。

UROBOROSDIR EN GREY

UROBOROS[Remastered&Expanded]

UROBOROS[Remastered&Expanded]

 

冒頭で話したように、この記事で紹介したアルバムはどれも同じくらい大好きなアルバムですが、「1枚だけ好きなアルバムを選んで」と言われたら、間違いなく本作です。僕が世界で1番好きなロックバンド、それはDIR EN GREYです。
正直、このアルバムだけは思い入れが強く、好きすぎて何を書いていいか分かりません。「とにかく最高なんで、聴いてみてください」としか言えません(笑)。ホントに最高ですよ!

【ゲーム開発】今度はiPhoneアプリを作り、リリースするぞ⑤

以下の記事で、Unityで作ったゲームをiPhone実機で動かすことができたことを書きました。

www.uu1ch.com

ちなみに動かしたゲームは、これまでに以下記事で製作状況を書いていたゲームです。

www.uu1ch.com

で、もちろんiPhone実機で動いたのですが、問題がありました。

このゲームは、バウンドするボールを跳ね返して、上部にある黄色のターゲットに当たればポイントを加算するタイプなのですが、跳ね返した角度によってはボールが垂直にしか移動しなくなるんですよね。

f:id:uuc1h:20180610023453p:plain

こうなると、もうリトライするしかないんですが、この現象が発生する頻度が高く、ゲームとして成り立たない。。
直すよりも、新しいゲーム製作にとりかかろうと思います。

【スポンサーリンク】
 

ただ、結局成り立たなかったにせよ一つのゲームは完成させたわけで、自分にとっては力にはなっています。
次作るのは、これよりももっと単純なゲームにしよう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

【ゲーム開発】Unityで作ったゲームを、iPhone実機でテストしてみる

iPhoneアプリとしてリリースすることを目標にゲームを作っているわけですが、自分の備忘録のためにiPhone実機で動作させるまでの手順を載せておきます。非常に苦労したので。。。

開発環境

  • Unityプロジェクトファイルは、Windows10で作成している
  • iOS11.3.1
  • Unityのバージョンは、Unity 2017.1.1f1
  • Mac OS High Sierra 10.13.5
  • Xcode Version 9.4

ここで書いたように、僕はWindows10でUnityを起動し、ゲームを作っています。
UnityでビルドしたフォルダーをMacに移して、MacXcodeのビルド、iPhoneへ転送といった作業を行っています。
では、実際の作業手順です。

【スポンサーリンク】
 

作業手順

①Unityでビルドを行う。

f:id:uuc1h:20180609222323p:plain

PlatformをiOSに選択した状態で、右下のBuildボタンをクリックします。
そうすると、以下が作成されます。

f:id:uuc1h:20180609222514p:plain

この手順は、僕の場合だけですが、作成された上記ファイル・フォルダーをMacに移動します。

②Unity-iPhone.xcodeprojをXcodeで開きます。

f:id:uuc1h:20180609225645p:plain


※ここでハマったのが、iOSXcodeのバージョン問題です。iOSXcodeのバージョンがあっていないというエラーが出たので、Xcodeをアップデートしようとしました。そうすると、MacOSのバージョンが古く、Xcodeがアップデートできないというエラーが出てしまい、まずはMacOS、次にXcodeという順番でアップデートを行うハメになりました。

iPhoneMacにUSBで接続します。

④Generic iOS Deviceから~のiPhoneに変更する

f:id:uuc1h:20180609225714p:plain

⑤左上の再生ボタンを押して、Buildを開始する
※ここでもハマりました。「Signing for "Unity-iPhone" ~」というエラーが出ました。その場合は、以下の記事通りに対応したら解消されました。

nn-hokuson.hatenablog.com

しかし、今度は「Could not launch "~"」というエラーが発生。。。
その時は、ちょうど以下記事の⑤の対策を行い無事に解消しました。

tech.pjin.jp

これで、ようやく動きました。ホント大変でしたが、その分動いたときのうれしさは半端なかったです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

【ゲーム開発】Unityのチュートリアルをやり直して、そのチュートリアルを自分なりにまとめてみる

ゲーム開発に限らず、プログラミング言語を勉強しているときにありがちだと思いますが、参考書などについているサンプルコードを写計し、その時は本の通り動いて、「よし理解した!」と思っても、いざ自分で何かを作ってみようと思ったとき、その知識を実践で活かそうと思ったときに、全く何も書けないなんてことはないでしょうか。
少なくとも、僕はよくあります。Unityを使ったゲーム開発でも、僕はこの事象に陥ってしまいました。

そこで、自分がチュートリアルや本で学んだ知識を、後から見返しても分かるように何かに残す

という対策を取ることにしました。
ということで、以下のチュートリアルをもう一度やっています。

unity3d.com

で、ただやるだけではこれまでと同じなので、このチュートリアルで学んだ知識を以下のようにまとめていっています。

f:id:uuc1h:20180607212309p:plain

チュートリアルで学んだ知識を、なるだけ機能単位で考えて、汎用的に使えるようにまとめようとしています。

【スポンサーリンク】
 

チュートリアルや本で学ぶ → 得た知識をエビデンスとして残すというルーティーンを繰り返していこうと思います。これを繰り返していけば、Unityやゲーム開発の力がつくはず(と信じたい)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【ゲーム開発】今度はiPhoneアプリを作り、リリースするぞ④

前回の記事で課題としてあげていた点を改善しました。

www.uu1ch.com

ざっくり言うと、ランダムな位置に生成するようにしたオブジェクトが、リトライするたびに増えてしまう問題です。
↓増えてしまっている、ひし形オブジェクト。

f:id:uuc1h:20180602081221p:plain

【スポンサーリンク】
 

この課題を解決しました。当初は、リトライするたびに、生成されているひし形オブジェクトを検索、削除を行おうとしましたが、やり方が分からず。。。
調べても上手くいかなかったので、別のやり方を考えました。それは、シーンを再生成するという方法!
以下のチュートリアルに詳しいやり方がのっています。

unity3d.com

これで無事、課題解決!次は、いよいよiPhone実機でテストしてみます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【NBA】ファイナル第3戦前に、BIG3は本当に必要か歴史を振り返ってみる

NBAファイナル盛り上がってますね。なにせ、4年連続同チームでの対決ですもんね。
クリーブランド・キャバリアーズとゴールデンステイト・ウォーリアーズは今後ライバル関係として語り継がれること間違いなしです。

Embed from Getty Images

しかし、今年ばかりはキャブスがファイナルまで上がってくるとは意外でした。プレイオフ1回戦も第7戦までもつれ込んだし、カンファレンスファイナルはセルティックスが勝ち上がるとばかり思っていました。もっと言うと、レギュラーシーズンでもシクサーズの下の順位である4位!
昨年まではイースタン・カンファレンスでは無敵を誇っていたキャブスですが、今年は何が違うんだろうと考えると「カイリー・アービングがいない」につきると思います。
アービングセルティックスに移籍したことで、レブロンアービング・ラブのBIG3が崩壊してしまいました。近年ではチーム内にBIG3と呼べる戦力があるかが重要視されますが、そもそもBIG3なんていつから言われ始めたんだろうと考えたところ、あのチームが浮かびました。

ピアース、レイ・アレン・KG時代のセルティック

あくまで僕の印象ですが、日本でBIG3という単語が使われ始めたのがこのころかと。

Embed from Getty Images

 スパーズにもダンカン、ジノビリ、パーカーと3人強力な選手を抱えていたのですが、何故かBIG3とは呼ばれていなかったと思います。
けど、たしかにボストンの3人と比べると見劣りするのは確かです。ピアース、レイ・アレン、KGは全員各チームのエースですからね。そのエース3人が同じチームとなったときの衝撃は大きかったです。

次にBIG3といったら、間違いなくマイアミ・ヒートでしょう!まずレブロン・ジェームズが移籍した衝撃も大きかったですが、なんせその移籍先がドウェイン・ウェイドのいるマイアミ・ヒートですからね。また、同期のクリス・ボッシュも移籍して、2003年ドラフト組のスター選手が揃う大型移籍となりました。

Embed from Getty Images

この時代は、マイアミ・ヒートを中心にNBAが回っていたといっても過言ではないほど、マイアミ・ヒート無双でした。ボストンのBIG3より衝撃がありました。だって、ウェイドとレブロンが同じチームですからね。
ボストン、マイアミともに、NBA Finalsを制覇しており、BIG3化は成功したと言えます。

では、BIG3をチームに揃えればチームは必ず強くなるかというと、そう甘くないのがNBAです。

BIG3を揃えて失敗したレイカーズ

2010年に優勝してから、優勝戦線から遠のいていたレイカーズは、大型移籍を行います。その移籍はものすごく、なんとスティーブ・ナッシュドワイト・ハワードレイカーズに加入したのです。
これでレイカーズには、ナッシュ、ハワード、コービーというBIG3が結成されました。もっというと、その当時はパウ・ガソウル、ロン・アーティストもレイカーズに在籍しており、ウェスタン・カンファレンスのオールスターチームができあがっていました。
で、肝心の結果はというと悲惨の一言。何とかプレイオフには出場できたものの、プレイオフ1回戦でスィープされるという屈辱のシーズンでした。

BIG3が揃っていなくても強かったチーム

こう考えると浮かぶのが、やはりラリー・ブラウンHC時代のデトロイト・ピストンズではないでしょうか。

Embed from Getty Images

ビラップス、ハミルトン、プリンス、ラシード・ウォレス、ベン・ウォレスというように、決してスターと呼べる選手はいません。Final MVPをとったビラップスは、当時オールスターゲームに出場したことがありませんでしたし(後に出場)。では、何が強さの源だったかというと、ラリー・ブラウンHCとの相性だったと思います。
チーム・ケミストリーを重要視し、ディフェンスに重きを置くラリー・ブラウンの戦術と、スターター5人の特徴が見事にハマった結果だと思います。

また、史上最高にチームと評されたシーズン73勝を達成した2016年のウォーリアーズも、BIG3は揃っていませんでした。「カリー、トンプソン、グリーンの3人がいるじゃないか」という声も聞こえてきそうですが、グリーンは非常に良いオールラウンダーですが、じゃあチームのエースになれるかというと疑問符がつくところ。そんなことを言い出せば、BIG3の定義とは何ぞやというところまで行ってしまいます。
ウォーリアーズの強さは、ラン&ガンで外からの3Pがあるところ、チームディフェンスが完成されている、ベンチ層の厚さを上げれると思いますが、スティーブ・カーHCの力量も大きいかと思います。
カーHCの前任者であるマーク・ジャクソン時代から戦力はほぼ変わっていないながら、カーHCに変わってから別チームのように強くなりました。もちろん、マーク・ジャクソンはディフェンスの重要さをチームに説き、各選手のレベルアップ(特にカリー、トンプソン、グリーンの3選手)もあります。

結論、BIG3は必要か

うん、分かりませんw。ただ一つ言えるのは、HCの戦術とチームの特徴がフィットすることが非常に重要であることは、歴史を振り返れば一目瞭然かと。その過程で、BIG3が揃えば強いチームができあがるのだと思います。
結局、ありきたりな事しか言えませんでしたが、色々な角度からNBAを考えると非常に面白いです。
みなさま、これからも楽しいNBAライフをお過ごしください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【スポンサーリンク】